怠惰な自分から抜け出す2つの方法

2017年8月19日 土曜日

こんばんは。

決断力と行動力を身につけるトレーニングで

自分で自分を幸せにできる人を増やす!

 

ダイヤモンドルート

アクショントレーニング協会

代表理事 河村知絵です。

 

20664395_1699684080328061_2217717389442519180_n

 

夏は楽しいイベントがたくさん!

外に出ても

なんだか浮かれている人がたくさん!

 

あ〜〜〜そんな中、

真面目に仕事している自分って

なんなんだろ・・・

 

そんな風に思った経験は

ありませんか?

 

 

今日は、そんな怠惰な自分を

吹き飛ばすのに必要な2つのこと。

 

先に答えを言ってしまうと

内側と外側を整える

ことなんですね〜

 

 

夏に限らずかもしれませんが

つい怠惰な気持ちに負けそうになること

誰しも経験があると思います^^

 

その代表詞が

「まぁいっか」や「明日にしよう」

 

これ自体は悪いことではありませんが、

毎日続くと・・・

 

「まぁいっか」と言って諦める。

「明日にしよう」と先延ばしにしてやらない。

これが、習慣になるわけですよね。

 

 

人生は習慣でできているので、

人生そのものが怠惰になっていく・・・

 

 

これって、

誰にでも起こりうることなんですよ^^

あなたのまわりにいる

成功している人や幸せそうな人、

憧れのあの人だって同じように起こる。

 

表に見せてないだけで

どんな人間にも気分の浮き沈みや

バイオリズムがありますからね。

 

 

じゃあ、あなたは

気分が乗らないとき

どう対処していますか??

 

 

そのまま怠惰な感じでやる?

それともやらない選択をする?

 

 

なんかやる気でないな〜

そう思ったら同時に2つのことをやる!

 

まず、内側を整える。

 

これは

やりたいけどできていないことに対しての

モチベーションを自分の中で高めることです。

 

例えば

「なんでこれやりたいんだっけ?」「今の目標は?」

「どんなライフスタイルを実現するの?」

「これやったらどうなる?」と自分に聞いて

ワクワクしながら答えを書き出してみたり、

 

時間を短く区切ったり、タスクで管理したり、

自分の成功パターンを使ってみる。

(→だから日々の記録は大事)

 

私はたまに、

やらなかった時にどうなるのかを

書き出して「絶対いやだ!」と思って

動いたりもしますね。

 

 

と同時に、

外側も整える。

 

これは、身を置く環境のこと。

 

テレビのついた家のリビングで

急に集中はできませんよね。

 

自宅のリビング

=家族でご飯を食べるところ

くつろぐところ

 

そう位置付けている人が

大半だと思います。

 

そこでどんなにモチベーションをあげても

集中力は長く続かないんですよね。

 

自宅で1時間仕事をするなら

10分カフェで仕事する方が

よっぽど捗ります。

 

 

かけた時間に満足せずに

思い切って環境を変える。

 

「時間がない」と言っている人は

「面倒」なだけ。

 

 

10分早く家を出て出勤前にカフェに行く、

仕事帰りに10分カフェによる、

休日の早朝カフェにいく・・・

 

いくらでも考えられるはず!

 

別にカフェじゃなくて

図書館とかお気に入りの場所でOK♪

 

 

やりたいことができなくて

どんどん溜まっていって

イライラしてきて

自分が嫌になる!!!

 

 

そんなことになる前に

「できる」工夫をしましょう。

 

 

やってる人がいるってことは

自分にできないことはないのですよ^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

メール決断力と行動力をあげて
毎日を10倍楽しくするダイヤモンドルートメルマガ

 

 

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です