【実録】いつもお金に追われている理由

2018年4月10日 火曜日

こんにちは!

 

ダイヤモンドルート

アクショントレーニング協会

代表理事の河村知絵です。

 

 

今日はタイトル通り

「お金」の話。

 

 

 

 

 

お金のブロックってよく聞きませんか??

 

 

いわゆる

自分の思い込みや価値観で

苦しんでいる状態のこと。

 

「お金がなくなるのが怖い」

「生活費のために働かないといけない」

「こんなに自分にお金を使えない」

「自分はいつもお金がない」

「お金の話は汚い」

 

もう、どんどん出てきますよね。

 

これがきっかけで

挑戦をやめてしまったり、

自分の可能性を狭めている人、

すっごく多いんです。

 

今の教育や家庭環境で

お金のブロックが最初からない人の方が

少ないかもしれません。

 

 

でも、

これだけは言いたい!!!

 

 

誰でも、いつからでも、

意識は変えられるということ!!

お金に対しても同じです。

 

なんでかって、

私のここまでの人生で

意図的に大きく激変させてきたのが

お金に対しての価値観や思い込みだから。

 

 

今回はたとえ話として

私の実体験をだしますね^^

 

 

私は小学生の頃から

大学を卒業して家を出るまで

親とお金のことで何度も何度も揉めてきて

そのたび「お金がない」ということを

散々刷り込まれてきました。

 

部費や交通費を親に請求するたびに

「金食い虫だ」「また?」と

機嫌が悪くなり、

そんな環境が大嫌いでしたショボーン

 

だから高校にあがった途端

すぐにバイトを始めたのです。

 

でもね、

「どうせ自分は一生お金に縁がない」

「お金がないんだ」という思い込みが

 

どんなに稼いでも

「お金がない」という現実を作り出すことを

経験しました。

 

 

大学生のときは

バイトを3つも掛け持ちしていた時期が

ありました。

 

 

だから、学生だけど

毎月10万近く

稼ぐことはできていたんです。

 

 

 

なのに!!!

 

いつも「お金がない」と

友達に愚痴っていました。

欲しいものも値段で選び、

使うときは「大丈夫かな?」と

ドキドキして

結局貯金なんてできませんでした。

 

普通に友達と

遊んだり飲んだりしてはいましたが

特に浪費家ではありません。

 

でも、なくなるのです。

不思議でしょ?

 

 

もちろん、今ならわかりますよ。

 

「お金がない」の思い込みが

現実を作っている。

まさに、思考は現実化するです。

 

 

そう、

先に思考を、意識を、変えないと

現実はずーーっと変わらないんです。

 

 

お金を稼げばブロックが外れるんじゃなくて

意識を変えるから現実が変わる。

 

 

私がその体験を始めたのは

証券会社で働くようになってから。

 

お客様に金融商品を買ってもらう営業なので

動くお金の単位が100万円以上、

 

ノルマがあるから

「自分が提案した商品で

お客様が損したらどうしよう」なんて

思ってお金を受け取れないブロックを

発動させてる場合じゃありませんでした。

 

 

だから、

そのブロックに打ち勝てるように

専門的な勉強もしましたし、

コーチングのスキルも学びました。

 

私のお金に対する怖さも不安も

ここで少し柔らかくなったように

思います。

 

だから、結果としてお給料も

学生時代では手にしたことのなかった

金額として入ってきたんですね。

 

ただ、あくまで

少し柔らかくなっただけ。

 

 

「生活費のために働いている」という

思い込みにまだとらわれていましたし、

相変わらず貯金はできませんでした。

 

 

そう、

環境でブロックが外れるのは

”ほんの少し”ということ。

 

 

だから、

お金持ちと知り合いになれば・・とか

身を置く環境が良ければ・・とか

環境だけ変えてもあまり変わりません。

 

結局は自分で「お金と向き合う」と決めて

意識を変えて、

行動を起こすほかないんです!!

 

 

では、どのように変えていくか・・は

ずいぶん長くなってしまいましたので

次回にしますね。

 

 

メール決断力と行動力をあげて
毎日を10倍楽しくするダイヤモンドルートメルマガ

 

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です