自分の中心を「人」から「自分」に戻した話。

2018年5月28日 月曜日

こんにちは!

 

ダイヤモンドルート

アクショントレーニング協会

代表理事の河村知絵です。

 

 

 

現在募集中はこちらのみ!

 

 

さて、はやいもので

2018年も3ヶ月が過ぎようとしています。

 

今夜は満月。

いらないものや考え方を

手放すタイミングですねラブラブ

 

 

 

 

 

私は、今年に入りまだ3ヶ月ですが

今までにないくらい大きかった価値観や考え方など

たくさんのものを手放してきました。

 

 

学生時代から会社員の時までは

言われたことをやるのが当たり前で、

一定の範囲内で自分で工夫をしたりはしてきたけど

やっぱり大枠では

ある程度決められている中でのことだったし

そこで守られている安心感があったんですよね。

 

実は、起業してからも私はしばらくそこから

抜け出すことができなかったんです。

 

信頼しているメンターがいてくれて、

手取り足取り教えてもらえて

何かあればすぐに相談ができて

いつも解決してもらえる。

 

私は必死に食らいつくように

言われたことをやり続けた結果、

短期間で欲しい結果が出て、今の生活がある。

 

当時はそれが楽しかったし、

ゼロからのスタートだったからこそ

自分で選んでそういう関わり方をさせてもらっていました。

 

 

そしていざ、次のステージにいく時に

困っちゃったんです。

(結果が出ると、自然と次のステージが見えてきますからね)

 

「言われたことを全力でやる」というスタイルから脱却して

「自分で責任を持って決めていく」というスタイルに

移行しなければいけないステージにきた時に、

私はこのままじゃダメだと強烈に思いました。

 

自分よりも親を、自分よりも会社を、

自分よりも上司を、自分よりもメンターを信じてきて

言われたことをやってきたけど

ここから先は「自分」を中心に持ってこないと

欲しい結果は手に入らないと危機感を持ったのです。

 

 

とはいっても、

思考は急には変わらない。

 

「本当に自分だけで決めていいんだろうか?」

「このまま進んで大丈夫かな?」

「今までのスタイルで結果が出てたんだからそれでいいんじゃないの?」

 

 

今までのクセが不安として

どんどん出てきます。

 

そこで大切なのが、

1こ1こ自分から出てくる感情も思考もそのまま認めてあげること。

 

 

あ〜私こう思ってるんだね。

そうだよね〜今までこうしてきたもんね〜。

 

 

こんな感じで「良い」「悪い」じゃなくて

ただ見つめてあげる。

 

 

時に、ノートにそのまま書き出したり、

時に、人に聞いてもらったりしながら。

 

そして1こ1こ、

「で、今の私はどうしたいの?」と決めていく。

 

 

そうすると、びっくりするほど

手放せちゃうんです!!!

 

 

例えば、私は今年に入って

ルーティーンの生活や

追われて仕事をすることや

誰かに言われるがままの仕事をすることを

キッパリ手放しました。

 

そしてこのブログのタイトル通り、

”自分の思い”はどこにあるのか?を細かく見て

毎日を送っています。

 

 

すると・・・

 

 

「アウトプットをしすぎてなんか疲れた」状態から

自然と「インプットとアウトプットのバランスが良くてエネルギッシュ」状態に

変わっていきました。

 

 

これ、コンテンツを作る立場の人間からしたら

とーーーっても重要です。

 

すべてはエネルギーですから、

どんな状態で作ったかで、それをお届けする方への伝わり方や影響まで

変わってきます。

 

 

ちなみに、

ダイヤモンドルートの認定インストラクター達もこれを日々実践中!

 

だから依存的な人はいないし、心をなくしている人もいないし、

どんどん自分を知って、自分を極めていますラブラブ

 

 

ここから先もまだまだ

みたい世界がたくさんある!

 

1こ1こ叶っていくのが、とっても楽しみ!

 

たくさん種を蒔いていこうと思いますウインク

 

 

メール決断力と行動力をあげて
毎日を10倍楽しくするダイヤモンドルートメルマガ

 

 

 

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です