「主役」よりこの言葉がしっくりくる♡

2018年6月29日 金曜日

こんにちは!

 

河村知絵です。

 

 

 

ダイヤモンドルートのテーマの1つが

「自分が主役の人生を送る」

 

 

 

 

 

自分の人生において

自分で決められないことは、実は1つもないんですよね。

 

 

「子供がいるから別れられない・・・」じゃなくて

「私は別れたくない」

 

「安定してるから会社辞められない・・・」じゃなくて

「私は会社を辞めたくない」

 

であることに

まず、気づくこと。

 

 

自分には無理!という思い込みを持っていることを

やっている人はこの世にいくらでもいます。

 

だから何事も

選ばされているのではなく、自分が選んでいるということ

それが「自分が主役の人生」の理由。

 

 

「主役」って言葉のイメージって

・一番目立つ

・自分が中心

のようなものなんだけど

最近、それよりしっくりくる言葉を見つけました!

 

 

それが、「主人公」

もっというと、「プレイヤー」かなと。

 

 

ロールプレイングゲームを思い出してもらうとわかりやすいんだけど・・・

 

基本は「主人公」である自分のキャラクターが中心ですよね。

自分の行きたい方向に行って、

入りたい場所に入る。

 

でも「主役」になるかは時と場合による。

 

例えば、ゲームによっては

ラスボスと呼ばれる超強いキャラクターが「主役」として

広告に打ち出されている場合もあるし

 

時に他のキャラクターが「主役」の場で

お祝いしたり、脇役にまわったりすることもありますよね。

 

ただ、どんな立場であっても

自分が「主人公」であることには変わらない。

これは、最初から決まっているから。

 

 

そして、もっと視点を高くすると

私たちはどのゲームで遊ぶかさえ選べる「プレイヤー」でもある。

ようは、どんな人生を歩むかを選べる!ということ。

 

確かにどこの家に生まれるか、

誰に育てられるかは自分で決めてない!という人もいるかもしれない。

 

でも、少なくとも大人になったら

自分次第で決めることができるんですよ。

どこで働くかも、誰と付き合うかも、何に時間を使うかも・・・

 

そこに気づかず

「私にはこれしかできません」とか「こうするしかない」とか

「選ばされている」とか「過去がこうだったから・・」と

やりたいことができないのって

もったいないと思いませんか?

自分の人生なのに!

 

 

完全に「プレイヤー」目線を忘れてしまっている!!!

 

 

今、この瞬間から思い出しましょうウインク

 

 

メール決断力と行動力をあげて
毎日を10倍楽しくするダイヤモンドルートメルマガ

 

 

 

 

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です