女性のマウンティング、強がり、嘘が辛いわけ。

2018年8月23日 木曜日

こんにちは!

 

河村知絵です。

 

 

 

私は言霊というものを

あまり感じません。

 

それより、

その言葉を使っている人の

その瞬間のエネルギーの方を感じます。

 

 

「ありがとう」という言葉1つとっても

心から思って、本人も満たされて自然と言っているのか、

自動返信メールのように癖で言っているのか、

「言わなきゃ」と意識して言っているのか、

どの状態かによってこちらが感じるエネルギーも変わります。

 

 

そして、もちろん

心から思って、本人も満たされて自然と言っている人と

一緒にいるのが心地良い。

 

本来の自分で生きている人は

ただ、まっすぐ伝わってくるから。

 

 

だから、受け取る側が

自分に対して違和感があったり、疑心暗鬼になってたら

逆に、本来の自分で生きている

まっすぐな人といると居心地が悪くなる。

 

 

類は友を呼ぶって、

エネルギーの視点から見ても同じこと。

 

 

 

住んでいる場所も年齢も経歴も役割も

全然違っても居心地がいい理由はコレね音譜

 

 

 

 

 

SNSがこれだけ普及して

いまや、誰もが好きなように発信ができる時代。

 

すべてが自己申告制。

人を惹きつける言葉や文章を書いたり、

魅力的な写真を使えば、

いくらでも「虚像」が生まれる。

 

 

本当のことなんて、

当の本人にしかわからない。

これはSNSだけじゃなく

テレビや新聞で報道されているニュースも同じ。

 

それでも多くの人は

自分が見ているものがすべてで、

受け取るものが正しいと思い込んでいる。

 

 

でも、視点を少し上げてみたら・・・?

 

 

「これが絶対正しい」なんてこと、

1こもないことに気づくはず。

そして、当の本人以外の人物は、

本当の真実を知ることはできない。

 

 

ただ、自分が信じたいことを

信じているだけ。

 

 

そして、

心の奥の奥では

このことを誰もが知ってる。

 

 

「真実は当の本人しか知らない。

正解も1つじゃない。

だから自分がいいと思ったことをやるのが

自分にとっての正解である。」

 

 

外側の情報に踊らされて

一喜一憂するのが疲れる理由は、ココにある。

 

本当は知っているのに、踊らされるから

気分が悪くなる。

 

 

これは、自分を大きく見せようとしたり

「虚像」を作り上げる側も同じ。

 

真実を知っているのに、

捻じ曲げて、強がりや嘘の言葉を出す。

だから、気分が悪くなる。

 

 

こんな発信する側も受け取る側も

違和感や気分が悪くなることに命を燃やす理由って

なんなんでしょうね?

 

 

自分が本当にやりたいことが

ないからでしょう。

自分の命を使いたい場所が

見つかっていないのでしょう。

 

 

暇だと、外部からの情報も

どんどん入ってきてしまうし

満たされないから、人からの賞賛が欲しくなって

マウンティング、強がり、嘘の世界に

いとも簡単に足を踏み入れてしまいます。

 

有り余ったエネルギーを

外側の情報に踊らされて

一喜一憂して減らしていく。

 

 

自分のことを知るって、

本当に大事なことです。

 

 

今、自分が見ている世界で、

自分のいる世界で、

 

違和感や辛さ、疲労感、自己否定、焦りなど

ネガティブな感情を持っているなら

それは、本来の自分からズレているサイン。

 

 

まずは、

しっかりキャッチしましょう!

 

自分に対して

偽らなくて、大丈夫。

強がらなくて、大丈夫。

嘘つかなくて、大丈夫。

 

 

本来の自分で生きるのは

毎日とっても

心地がいいものです。

 

 

ヒントはメルマガでも

絶賛公開中ラブラブ

 

メール決断力と行動力をあげて
毎日を10倍楽しくするダイヤモンドルートメルマガ

 

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です