自分の役割をまっとうするだけ。

2018年9月25日 火曜日

こんにちは!

 

河村知絵です。

 

 

 

”自分の役割”

”適材適所”

 

 

これは自分の人生を楽しく生きるうえで

思っている以上に

大切なこと。

 

 

スムーズにいかないときは

役割を飛び越えて何かをやろうとしたり、

役割じゃないことを目指したり、

役割から目を背けたりしているもの。

これって、トラブルの元になる。

 

 

そもそも役割とは、

置かれた環境やまわりにいる人によって

変わっていく。

 

 

職場と家庭での役割は違っていいし、

職場の中でも上司との関係、部下との関係も

それぞれ違っていい。

 
具体的にいうと、

職場ではみんなを束ねてリーダーシップを発揮しているけど

家庭では家族を癒すだけの存在になってもいいってこと。

 

 

私はリーダーシップがあるから!と、

求められていないのに家族まで束ねようとするから

疎まられる・・・ガーン

もしくは、自分が疲弊してしまう。。。

 

 

職場においても

上司と自分の関係では上司をたてるけど、

部下と自分の関係ではフラットでいたい

というのもいい。

 

 

これも、まわりにいる人のタイプ、

求められていることに加えて

ある程度自分の好みで決められる。

 

 

自分の役割は

1つじゃないってことです!!

 

 

 

じゃあ私の役割ってなんだろう??

 

 

そう思ったときは、

 

 

この場をよりスムーズに、

より楽しくするために

自分に何ができるだろう?

 

 

こんな風に考えてみるのはどうでしょう。

 

 

ちなみに、私は

自分の役割がどうなったら

この場のエネルギーが高まるかな?

心地よくなるかな?

よく考えています。

 

 

 

例えば、講座を開催していても

常に自分が輪の中心にいなくていいんですよ。

ときに、受講生さん同士で話してもらったほうが

分かり合えたり、緊張も解けたりして

場の空気がよくなることがある。

 

なにより、

私自身がリラックスすることも

大切だったりします。

 

エネルギーは伝染しますからねウインク

 

 

 

 

 

 

だから、私の役割は

ときにぐいぐい引き上げていく存在であり、

ときにみんなをまとめるリーダーであり、

ときにみんなを引き立たせるサポート役であり、

 

その都度、その時々で

変わるんです。

 

 

そんな自分の役割を

まっとうするだけで

うまくいく!

 

 

 

あまり自分の役割にこだわっていると、

「こうじゃなきゃいけない」と

無理やり1つに固執したり

「私はこういう立場だから」と

肩書きやまわりの目を気にしたり

不自由になっていくだけ!

 

 

そんな素晴らしい

絶対的な自分の役割を求め続けるのではなく

今置かれた状況で

ぜひ、考えてみてください。

 

 

この場をよりスムーズにするには

私に何ができる?と。

 

 

 

そして、

出てきた自分の役割をまっとうする、

役割に徹すること。

 

 

それだけで、

トラブルどころか

心地よい人間関係、空気を作ることができますよ音譜

 

 

いつも人のことばかり考えて

自分を見失ってしまっている人は

こちらにお越しくださいね!

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です