雑誌を毎月読んでても、現実が変わらなかった決定的な理由。

2018年10月9日 火曜日

こんにちは!

 

河村知絵です。

 

 

 

メルマガで配信したら

大好評だったこちらの記事。

 

 

 

会社員のとき

大好きな雑誌がありました。

 

それは、日経ウーマン。

 

 

 

 

証券会社勤務に必須の

日経新聞繋がりで興味を持ってから

ほぼ毎月買っては

その中に出てくるカッコイイ

キャリアウーマンの真似をしていました^^

 

 

出勤する前に1人朝活してみたり、

誰より早く出勤して支店を掃除してみたり、

同じ文房具を揃えてみたり、、、

 

 

なんで真似してたかって、

その雑誌に出てくるような

仕事もプライベートも充実しているラブラブ

人生を送りたいと願っていたから。

 

 

でもね、その都度行動を

真似してはみるんだけど

なんだか一向に、本当に欲しい

「充実感」を感じることはなくて。

 

 

「やっぱりこの環境じゃ無理か〜」と

諦めていたし、

 

充実感でいっぱいの生活を

「ここではないどこかにあるはず!」と

どこか幻想的に妄想していました。

 

 

そりゃ、

いつまでたっても

充実感は得られないはずだわ!!

 

 

なんでだか、わかりますか?

 

 

大切なのは、

同じ行動をとる以前に、

自分の思い込みを

知ることなんです。

 

 

例えば、私は

日経ウーマンを読みながら

「こうなりたい!」と思う一方で

「こういう会社は自由でいいな〜

うちもこういう環境だったらな〜」と

 

”私はこういう

ライフスタイルをしたいけど

今おかれた環境ではできない”

 

という思い込みを

持っていたんです。

 

そのうえで

行動だけ真似してみたところで

そりゃ現実は変わらない。

 

だって、

自分の思い込みが

現実を創るんだから。

 

 

まずは、そこに気づいて

手放さなければいけなかった。

 

でも当時の私は

この視点を持ってなかったから

 

 

行動を真似する

現実が変わらない

やっぱりダメなんだ

 

 

毎月雑誌で情報を仕入れても

結局

このループで過ごしていました。

 

 

 

「スキル2割、マインド8割」

なんて言葉を

聞いたことがありますけど

 

起業家としても

あれこれ新しいビジネススキルを学び、

たくさん知識を持ちながらも

「自分は人と比べてあれもこれも足りない」と

考えて毎日行動してる人より、

 

基礎的なスキルを忠実に繰り返して

「積み重ねていけば大丈夫!」と

当たり前のことを

当たり前に毎日行動してる人の方が、

 

結果が出るって話です。

 

 

思い込みが

自分の人生を創る!

 

なのに、私たちは

自分の思い込みに気づくことが

とても難しいものです。

 

そんな時に使ってほしい!

5段階活用ノート術。

ぜひ、体験しにきてくださいね!

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です