結局、突き詰めた人だけが望む現実を手にいれる!

2019年1月30日 水曜日

こんにちは!

 

河村知絵です。

 

 

最近、他の起業家さんや認定講師の発言や発信や

メンターと話していて気づいたこと。

 

 

 

 

この世に絶対的な成功法則なんて

ないけれど、

結局望む現実を実現するのは

1つの方法を突き詰めた時だけだなぁと。

 

 

例えば

「努力すれば確実に願いは叶う」と

信じていたとして、

その人は「努力」を怠らずに

日々突き詰めれば、必ず願いは叶う。

 

例えば

「頑張らなければ確実に願いは叶う」と

信じていたとしたら、

その人は徹底的に「頑張らない」を実践すれば

必ず願いは叶う。

 

 

ようは、

自分が信じたこと・信じたいことを

ただ信じて、その通りに

毎日行動をすればいいだけなんだよね。

 

でも、多くの人が(私もたまに)

途中で折れるか突き詰めるほどまで

やらないんだよな、これが。

 

 

あるところで

「自分のエネルギーがすべて!

だから今、やりたいことをやろう!」という話を聞いたとする。

 

「じゃあ自分が好きなことだけやればいいんだ!

気分が乗らないことはやらなくていいんだ!」

 

と自分が楽になる解釈をする。

本質とは違うけど、自分が信じたいならそれでもOK。

 

でね、本当は、自分のエネルギーを大切にするなら

逐一ノートを使ったりして

観察しないとわからないものなのに、

そういうのは面倒だからやらずに

「好きなことだけやる・嫌なことはやらない」だけやり続ける。

(まったく突き詰めていない)

 

 

あれ?でも望む現実がまだ叶わないなぁ。

(時差があるから当たり前、突き詰めていないから当たり前)

 

 

そんな時、

「え?努力と行動しないと叶うわけないじゃん。

なに夢みたいなこと言ってんの?」

そういう人に出会う。

 

言われてみれば、そんな気がしてきて

「やっぱり頑張らなくちゃ〜」と動き出す。

(途中で折れる)

 

 

こんなことを何度も、何度も繰り返していて

一向に望む現実は叶わない。

 

 

私、個人的には結果や現実がすべてだとは思いません。

結果でその人の価値が決まるわけじゃないし、

それよりも「生きてて良かった〜」「楽しい!」を日々味わってほしい。

 

でもその土台が作られたとき、

現実を動かしたくなるステージがくるのは確か。

 

 

人は挑戦したい生き物だから。

 

 

もし、自分がそのステージにいるなら

腹を決めて

「結果が出るまでこの人の言うことを信じきる!」とか

「誰がなんと言おうと絶対に、この方法を突き詰める!」とか

少しくらい頑固になった方がいいかもしれません。

 

感じ方が変わるステージも嬉しいし、

現実が変わるステージも楽しいものですよねウインク

 

 

自分で自分を幸せにしながら、

まわりを幸せにする方法はこちら

投稿者: 河村 知絵

ダイヤモンドルートコーチとして自分のことを自分で幸せにできる女性を増やしています。 短期間で変化が起こるマインドセットを独自に生み出し、 クラスやセッションを通してお伝えしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です